vintage

日本のインテリアに欠かせない、”ヴィンテージ家具”

おしゃれなインテリア雑誌やSNSでよく見かけるようになった、“ヴィンテージ家具”。
ダイニングテーブルはもちろん、サイドボードやベッドサイドのチェストまで、いろんな部屋や場所にスパイスを与えてグッとおしゃれさを惹き出してくれる上に、気持ちが和らぐような雰囲気を醸し出してくれる“ヴィンテージ家具”。
日本のインテリアにも欠かせないアイテムになってきたのではないでしょうか。
わたしの部屋にも、ヴィンテージ家具がひとつ・ふたつ・・と欠かせないアイテムになりました。

そもそも、“ヴィンテージ家具”とはなに?

主に1950〜1970年代にかけて北欧デンマークやヨーロッパで作られ、愛用されてきたヴィンテージ家具。
希少価値が高く、トキと共に価値が増していくのも特徴のひとつ。家での暮らしに対する意識の高いヨーロッパで丁寧に作られた家具は、トキを経た現代においても変わらずに使い続けることのできる家具です。
温かみのある素材や細かいところにまでこだわった作りに、永く愛用することのできるシンプルで機能的なデザインが魅力です。

一度、最初の使い手によって長年愛用されているので、愛着のある傷跡などヴィンテージ家具の魅力は一言では言い表せません。
さらに、既に生産が終了している製品のため、状態も含めて同じ製品を見つけることは難しく、すべてが1点物となります。
だからこそ、「運命のような出会い」があります。

”ヴィンテージ家具”との「運命のような出会い」をお届け

丁寧な暮らしに寄り添い、永く使っていただくことのできる家具を届けたい、というのがわたしたち三島家具の想いです。その想いを念頭に三島家具の家具とも相性の良い、暮らしに馴染むものをバイヤーが厳選して選び抜いた”ヴィンテージ家具”。

さらに、三島家具だからこそできる張地の張替では、ミナペルホネンの人気柄タンバリンを使って、三島家具ならではのエッセンスを加えてたったひとつの「運命のような出会い」になる”ヴィンテージ家具”を取り入れています。
”ヴィンテージ家具”の素材が持つ温もりと、普遍的な美しいデザインをいつもの暮らしに取り入れてみてはいかがでしょうか?

「運命のような出会い」に結びつく、”ヴィンテージ家具”を三島家具よりお届けします。





北欧雑貨

Jens.H.Quitgaard(イェンス・クイストゴー)の世界的にも人気なデンマーク製のヴィンテージ食器たち。

ヨーロッパの”ヴィンテージ家具”にとても似合う、スウェーデン生まれの作家リサ・ラーソンが生み出す動物たちを集めました。ヴィンテージ家具に合わせて、ヴィンテージものの置き物もあります。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [65] 商品中 [1-65] 商品を表示しています

全 [65] 商品中 [1-65] 商品を表示しています