一生モノの家具専門店が取り扱う木の種類について

いろんな家具が家具店に並んでいます。一口に木製家具といっても様々な樹種で作られています。今回は三島家具で扱っている木材の種類を樹種別にご紹介していきたいと思います。

樹種のご紹介


オーク材(ナラ)

ナラ材は、堅く重厚で耐久性に優れていることから、古くから高級家具や船、ウイスキーやワインの樽の材料として珍重されてきた木材です。 さらに、ナラ材は、繊細で美しい木目の表情があることも特長。使い込むほどに馴染み、より美しく深みを増す木目の様子を、ご愛用いただく中でおたのしみいただけます。


ウォールナット材(クルミ)

チーク、マホガニーと共に世界三大銘木のひとつに数えられるウォールナット。紫色を帯びた深い暗褐色の美しい木目は世界的に評価が高く、高級材の代名詞となっています。現在は、主に北米産のブラック・ウォールナットが「ウォールナット」と呼ばれています。和名でクルミと呼ばれるこの材は、その美しさや品質の良さから、古くから家具やライフルの銃床など様々な用途で用いられてきました。


アッシュ材(タモ)

ライトブラウンで部屋全体印象が明るくなるタモ材。ナラ材やオーク材に混同されることもあるほど似ているのが特徴です。しかし、木目が様々な形をしていて、独特な雰囲気を持っているため、よく見ると全く異なっています。アッシュ材と呼ばれるものは、ホワイトアッシュを指すことがほとんどのため、タモ材もホワイト系の色をしたものを指すことが一般的となっていますが、厳密にはタモとアッシュは別の木で、アッシュよりもタモの方が木目が細かく詰まっています。


ビーチ材(ブナ)

ビーチはヨーロッパや北アメリカなど世界中に存在し、日本名ではブナと呼ばれます。 材色は淡く、ピンクがかった色をしています。 木目はきめ細かく、硬く粘りがあり、割れにくい性質を備えています。 伐採後は腐りやすく反りが出やすいため、建築材としては使いにくいとされてきた反面、強度と弾力性に優れるため曲げ木加工に適しています。


楠(クス)材

国産香木『クスノキ』は日本一大きく成長するほどの生命力を持ち、一般的には20m程度の高さまで成長しますが、ときには40mを超える事もあります。古くから神社の境内に植えられていることも多く、御神木として祀られているクスノキの巨木を見かけたことがあるのではないでしょうか。ジブリ映画「となりのトトロ」でトトロの棲み処となっていたのもクスノキです。 クスノキの独特な香りは、樟脳(しょうのう)の香りです。根・幹・枝・葉など、木全体から香ります。 化学薬品では出せない独特の自然香は、高い防虫効果を発揮するほか、消臭効果やリラックス効果もあると言われています。 クスノキは、大きな材がとれ、防虫効果があるという長所から、タンスなどの家具や飛鳥時代には仏像にも多く使われてきました。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [97] 商品中 [1-97] 商品を表示しています

全 [97] 商品中 [1-97] 商品を表示しています