PRODUCTS

ジャパニーズデザインのアイコン


日本の工業デザインの礎を築いたデザイナー・柳宗理によってデザインされ、1956年に発表されたジャパニーズデザインのアイコン的家具。
柳宗理のイマジネーションと、天童木工の技術が出会ったことで、この美しいスツールが誕生しました。
ルーブル美術館やニューヨーク近代美術館など、世界各地の美術館にコレクションされているデザイン史の傑作です。
同じ形の2枚の成形合板を真鍮金具でジョイントしたシンプルな構造。個性的なフォルムですが、多様なスタイルのインテリアに合わせられます。
また、2枚の成形合板が互いに支え合う姿から、結婚のお祝いの品として選ばれることもあります。

グッドデザイン・ロングライフデザイン賞受賞


ロングライフデザイン賞は、長年にわたり作り手と使い手、社会との対話の中で醸成され、暮らしや社会の礎となり、未来においてもその役割を担い続けてほしいデザイン、時代と共に変化する価値観を超えて、スタンダードであり続ける力を持ったデザインを顕彰する賞です。
広く使用者や生活者から支持を得ている商品やサービスで、審査がおこなわれる時点で10年以上継続的に提供され、またそれ以降も継続して提供されると想定できるものを対象とし、ウェブサイトを通じて広く一般のユーザーより推薦されたデザインおよび製造者などの応募によるデザインに対して、ロングライフデザイン賞審査委員が選考、審査を行い、賞を決定しています。

グリーン購入適合製品


グリーン購入とは、環境を考慮して、必要性をよく考え、環境への負担ができるだけ少ないものを選んで購入することです。
天童木工で作らているこのバタフライスツールは、環境に負荷の少ないもので製作しております。そのため、環境省の定めるグリーン購入の商品と認められています。

柳 宗理(やなぎそうり)


1915年東京生まれ。東京美術学校(現・東京芸術大学)を卒業後、1942年に坂倉準三建築研究所に入社。1950年に財団法人柳工業デザイン研究所を設立する。その後バタフライスツールの原型をデザインし、それから数年間の研究開発を経て、1956年に銀座・松屋で開催された柳工業デザイン研究会展で発表された。1958年には、バタフライスツールがニューヨーク近代美術館のパーマネントコレクションに選定されている。1977年父である柳宗悦氏が設立した日本民藝館の館長に就任。2002年には文化功労賞を受賞。






素材メープル材板目
サイズ幅42.5×奥行31×高さ38.7(座面高34)cm
生産地山形県天童市
納期約1カ月
注意事項天然素材ですので木目がそれぞれ異なります。

天童木工 / バタフライスツール / メープル

販売価格 51,700円(税込)
購入数

税込8,000円以上の購入で送料無料!
この商品についてお問い合わせ

インテリアコーディネートに関する相談はこちらから▼

インテリア相談






おすすめ商品

今、イチオシの注目特集

こたつでおしゃれにインテリアコーディネート 365日こたつ ミナペルホネン特集 秋の夜長をたのしむおうち飲み 甘味手帳2 ひとり、ふたり、家族の暮らし