生活スタイルが色々変わってダイニングテーブが多目的に使われることが多く、心地良い空間にされる方が最近増えています。

ダイニングテーブルといえば「長方形」が一般的なイメージがあり、直線は何かと使いやすいし、無難に思いますよね。

テーブルを置きたいけど、長方形だと大きすぎたり、なかなか納まりがしっくりこないと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこでオススメしたいのが「変形テーブル」です。

デザインだけで決めてしまうと買ってから後悔する可能性もあるので、色々な特徴を知っておきたいですよね。

ちょっと変わったカタチで人気があるものを厳選して、今回は「円タイプ・半円タイプ・変形タイプ・月タイプ」をご紹介します。





円タイプ|侭

家具が丸い形だと目を引くポイントになりお部屋全体が優しく角がないぶん柔らかな印象になります。
お互いの顔がよく見えるので自然と視線が交わり会話が弾みます。

また、人数が増えても、スツールなどで柔軟に対応・団欒しやすいテーブルです。
小さいお子様がいる方は丸い円形の方が安心感ありますよね。

お部屋のスペースに余裕があればひとまわり大きいサイズをお選びいただくと何かと便利にお使いいただけます。



半円タイプ|REAL

直線と曲線の組み合わせたデザインテーブル。
こちらも優しい柔らかな印象になります。

直線部分は普段使わず壁につけての使い方はお部屋が狭い方にオススメ。
曲線面にの4〜5人円タイプ・楕円タイプと同様会話しやすい視線になります。
数人増えてもベンチやスツールを忍ばせておけば柔軟に対応できます。



 

変形タイプ|SKY YACHT

直線と曲線を組み合わせた変形ダイニングテーブル。何かのカタチににているような?

大半デザインのモノが4辺全て異なった辺になっていることが多く
インパクトがあります。

テーブルのレイアウトは工夫しだいでタテ・ヨコにも色々な置き方でお部屋の印象も変わって見えます。
曲線に沿って座ることで、自然に話しやすい距離に。

テーブルの脚の位置・脚の形状にも注目。
2本脚タイプは横からの立ち座りの動作がとても楽にできます。
毎日の事だからちょっとした楽は大事ですよね。

脚が内側に入っていると座る位置はどこでもOK。
数人増えても大丈夫なのが変形テーブルの一番の特徴。



月タイプ|ひむか

自然を感じ天然素材を活かした重厚感あるひむかダイニングテーブル。
長方形とは一味違ったテーブル長手面片方をアーチ曲線加工し優しいデザインに。
シンプルなデザインのなかに木の温もりを感じる事が出来ます。



- - - - - - - - - - - - - - - - - -

変形テーブルの特徴をうまく活かすことで、長方形テーブルでは得られないような効果が期待できます。
変形テーブルはまるみがあるので優しいお部屋に。
ダイニングテーブルをお探しでしたら変形テーブルタイプをがオススメ。
お部屋のメインでアクセントにしてみませんか?

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [4] 商品中 [1-4] 商品を表示しています

全 [4] 商品中 [1-4] 商品を表示しています