木材の特徴について

無垢材

天然木をそのまま製材にしたもの。天然素材のため木目や色あいにそれぞれ個性があります。無垢材の特徴は素材が純粋に「木」そのものなので長く使っていけばいくほど木に風合いがでてきます。反りや割れが生じるのも無垢ならではの風合いです。また重くて、重厚感があり、頑丈なので一度購入したら長く使うことができます。

突板材

天然木を薄く(約0.2mm)スライスしたもの。化粧板としてMDFや積層合板などの芯材に貼りつけて使用します。表面に見えるのは木のシートなので見た感じは無垢に似てます。突板家具も木を使用しているので木の風合いはしっかりと感じられつつ重量も軽く動かしやすいです。値段も抑えめでだいたい無垢の半額くらいですが、表面の木のシートを削るとベニヤが出てくるので傷つきやすい種類の家具には不向き。


樹種について

オーク材(ナラ)

ナラ材は、堅く重厚で耐久性に優れていることから、古くから高級家具や船、ウイスキーやワインの樽の材料として珍重されてきた木材です。 さらに、ナラ材は、繊細で美しい木目の表情があることも特長。使い込むほどに馴染み、より美しく深みを増す木目の様子を、ご愛用いただく中でおたのしみいただけます。オークはナラの英語表記で、主に産地が違います。

ウォールナット材(クルミ)

チーク、マホガニーと共に世界三大銘木のひとつに数えられるウォールナット。紫色を帯びた深い暗褐色の美しい木目は世界的に評価が高く、高級材の代名詞となっています。現在は、主に北米産のブラック・ウォールナットが「ウォールナット」と呼ばれています。和名でクルミと呼ばれるこの材は、その美しさや品質の良さから、古くから家具やライフルの銃床など様々な用途で用いられてきました。

アッシュ材(タモ)

ライトブラウンで部屋全体印象が明るくなるタモ材。ナラ材やオーク材に混同されることもあるほど似ているのが特徴です。しかし、木目が様々な形をしていて、独特な雰囲気を持っているため、よく見ると全く異なっています。アッシュ材と呼ばれるものは、ホワイトアッシュを指すことがほとんどのため、タモ材もホワイト系の色をしたものを指すことが一般的となっていますが、厳密にはタモとアッシュは別の木で、アッシュよりもタモの方が木目が細かく詰まっています。

ビーチ材(ブナ)

ビーチはヨーロッパや北アメリカなど世界中に存在し、日本名ではブナと呼ばれます。 材色は淡く、ピンクがかった色をしています。 木目はきめ細かく、硬く粘りがあり、割れにくい性質を備えています。 伐採後は腐りやすく反りが出やすいため、建築材としては使いにくいとされてきた反面、強度と弾力性に優れるため曲げ木加工に適しています。