PRODUCTS

2020年7月11日に三島家具オンラインショップをオープンして、おかげさまで1年が経ちます。
そこで、感謝の気持ちをふんだんに込めて、三島家具福袋を作りました!
三島家具を堪能してもらえるものをテーマに、特別な1周年記念の三島家具福袋はスタッフみんなで1つ1つ考え抜いて選びました。
みなさまの手元へ届くこととても楽しみにしています。



壱.どんな困難にも打ち勝つ!高崎だるま



群馬と言えば、高崎だるま。
丸みを帯びて、ふくよかな高崎だるまは、眉毛は鶴、髭は亀を表現しています。日本では「鶴は千年、亀は万年」と言われ、吉祥・長寿の動物に例えられ、その縁起の良さから昔から高崎だるまは多くの人に親しまれてきました。
お腹には「福入」、両肩には「家内安全」「商売繁盛」「大願成就」「目標達成」などの願いを込めて金文字が書かれています。文字が書かれているだるまは全国的に見ても珍しいものです。
また、「七転び八起き」と言われ、いくら転がしてもすぐに起き上がり、重心が安定した形は心の持ち方を示し、どんな困難にも対処できる落ち着いた心と忍耐力を表しています。
すべて職人の手作り1つ1つ心を込めて作られた縁起の良い伝統工芸品です。
福袋には、白・赤・黒のどれかおひとつのだるまがみなさまの元へ届きます。



弐.松徳硝子のうすはりグラスペアセット



三島家具がリニューアルをした2016年、どうしても取り扱いをしたかった松徳硝子のグラスたち。
取り扱いたいと、お話をして東京の下町へ松徳硝子の工場見学へ行ったこと今でも鮮明に覚えています。
松徳硝子は大正11年(1922年)創業しました。手間を惜しまず、職人の手から手へと渡り、丹精込めてグラスを作っています。



「うすはり」と命名されたグラスは、グラスが唇に触れた時の異物感が限りなく少なく、お酒を繊細に、より美味しく楽しめるグラスとして、名高い料亭、割烹、レストラン、バーにおいて、広く愛用されています。
世界的にも認められたうすはりグラスは本当に口当たりがよく、1度は試してほしいグラスです。
これからビールのおいしい季節がやってきます。おうち呑みのお供に。


>>松徳硝子のグラスについて詳しくはこちら



参.茶房 贔のお茶缶



三島家具に併設されている茶房 贔は、お茶にこだわった日本茶カフェです。
お茶について全く知識もなく、どのお茶も一緒でしょ!と思っていたわたしの考えをガラッと変えてくれたのが茶房 贔のお茶です。
茶葉でこんなに美味しい!と思えるんだ!淹れ方でこんなに味わいが変わるなんて!と当時のわたしは衝撃を受けました。



オープンから数年が経ち、より手軽に日本茶を楽しんでいただけるようティーバッグタイプが誕生しました。紅茶ではお馴染みのティーバッグも日本茶ではまだまだ少ないので、ぜひこの機会に手軽に美味しい日本茶をおうちで楽しんでください。
白いお茶缶は、マットな仕上がりで使い終わった後もキッチンに並べて調味料やひと口食べるおやつなど入れておくにもおすすめです。
翠禅|Suizen(煎茶)・芳萌黄|Houmoegi(煎茶)・米露|Maitsuyu(抹茶入玄米茶)・春狐|Harukitsune(ほうじ茶)の4種類からお楽しみで2つお届けします。


>>茶房 贔のお茶にまつわることについて詳しくはこちら



四.日本一の土佐鰹のつぎ足すお醤油&酢



地方の美味しいものを広めたい、その第1号が高知・日本一の土佐鰹を使ったつぎ足すシリーズでした。
今でこそ馴染みのあるだし醤油ですが、初めて試した時にはなんでもポン酢派だったわたしも、だし醤油の美味しさにハマりました。だし酢にはさらに驚きました。お酢をさらにまろやかに風味豊かにしてくれて、わたしの家でも欠かせないお酢となりました。
鰹だしは1回で全て出尽くすものではありません。半分くらいに減ったら継ぎ足して10回程使えます。
日本一の土佐鰹を使って作られた「だし醤油」と「だし酢」の2本をお届けします。



一番のオススメは何といっても卵かけごはん。
お米、卵、鰹だし醤油、それだけ!最高の朝ごはんの完成です。
鰹だし醤油は、お豆腐やおひたしにかけるもよし、薄めてつけだしやうどんやそばつゆにもなります。ぜひお試しください。
お醤油にもこだわり、昭和初期に創業の醤油蔵の特別な濃口醤油を使用しています。四万十川に沿って地下50メートルに豊かに流れる、ミネラル豊富な伏流水を仕込水として使い、1年以上寝かせて自然発酵させた、一切添加物を使わない生醤油です。


>>つぎ足す土佐の鰹だし醤油について詳しくはこちら



鰹だし酢は、おしゃれにカルパッチョにかけてみるのがオススメです。
サラダにそのままかけて、寿司酢、ドレッシング、和え物、酢豚や、南蛮漬けにも、醤油と合わせてポン酢など、どんなお料理にもお使いいただけます。
150年以上伝統製法の自然発酵にこだわったお酢は、高知県の原料を使い、安政3年(1856年)より伝統製法自然発酵にて醸造している米酢「國乃譽」を酸度をおさえて特注醸造した米酢です。


>>つぎ足す土佐の鰹だし酢について詳しくはこちら



五.夏にぴったり!赤城のひやむぎ



上州・群馬は良質の原料と水、そして気候風土に恵まれ、古くから麺どころとして知られてきました。
昭和25年創業の赤城食品は、その地の利を生かして乾麺製造業をスタートしました。上州の風と水を生かし、北海道産小麦で伝統の技法で作り上げた、清涼感漂うひやむぎをぜひご賞味ください。



夏にはツルっとズズズっと冷た〜い麺を食べたくなります。
そうめんより太くてうどんよりも細い、絶妙な太さの冷や麦。起源は室町時代に登場した「切麦(きりむぎ)」。うどんを細く切って作られていたことから、「切麦」と呼ばれていたそうです。その切麦を冷やして食べるものを「冷麦(ひやむぎ)」と呼び、今につながっているそうです。
だから、夏に食べたくなるんですね!


>>赤城庵ひやむぎについて詳しくはこちら



六.コンテックスのふわふわタオルセット



今治のタオル、と言えば良質なタオルという印象もずいぶん根付いたように思います。
その今治タオルの代表格「コンテックス」のタオルをバスタオルとフェイスタオルセットで福袋に詰め込みました。
愛媛県今治市に半世紀以上前の1934年に創業した「コンテックス」は、ゆっくり、丁寧に、頑固なほどこだわりを持って「ものづくり」に取り組んでいます。



ふわふわ、そしてびっくりする軽さのタオル。
スプリングのような弾力と長めのパイルでボリュームがありそうですが、持ってみるとその軽さにびっくり。 通常のタオルの2倍細い特殊な糸を使用しており、さらにその密度を抑えて織り上げているため、究極に厚い軽い柔いタオルです。
アイボリー・スモーキーピンク・ブルーグレー・ストーンの4色からバス&フェイスタオルセットを1色選んでお届けします。



七.ミナペルホネンの残布で作ったミニバッグ



三島家具では、オリジナルチェアの張地としてミナペルホネンの「DOP」という生地を使用したり、オリジナルクッションカバーやこたつカバーを作成していますが、どうしても出てしまうのが、張地に使った生地の切れ端、残布です。
世界共通語にもなっている、「MOTTAINAI!」という考えが頭から離れません。そこで今回の福袋に合わせて、残布でミニバッグを作成しました。



ミニバッグなら、残りの生地を余すことなく使うことができ、家具用生地のため、とっても頑丈で擦り切れても裏地の色が出てきて本当に長い間楽しむことができます。
携帯電話、お財布、今では欠かせないエコバッグ、この3つがちょうど入るサイズなので、おつかいにも使えます。お友達とのランチにミナペルホネンのミニバッグでおでかけも素敵です。
写真が間に合いませんでしたが、ピンクホワイト(写真左)・ブルー(写真真ん中)・グレー(写真右)・イエロー・ライトブルーの5色より1つ、どの色が届くかはお楽しみです。


>>ミナペルホネンの三島家具オリジナル商品について詳しくはこちら


三島家具オンラインショップ1周年記念お楽しみ福袋は、縁起の良い七つのセットでお届けします。
色違いや種類違いのお楽しみもある福袋。みなさまに良縁が届きますように!
そしてこれからも三島家具オンラインショップをよろしくお願いします。
暮らしを豊かにする、日々が少し丁寧に暮らせるそんなお手伝いができるものお届けします。







【数量限定!】三島家具オンラインショップ1周年記念、お楽しみ福袋

販売価格 11,000円(税込)
在庫数 売切れ中

税込8,000円以上の購入で送料無料!
SOLD OUT
この商品についてお問い合わせ





おすすめ商品

今、イチオシの注目特集

イロドリの夏 飯高幸作 贔のお茶と道具 変形テーブル 甘味手帳2 スタッフ愛用品5