PRODUCTS

家具の力でやまを守る


群馬県藤岡市三波川村で間伐したヒノキ材を使用した国産学習デスクです。



 スタイルでは2018年から群馬県藤岡市の山を保全するために多野東部森林組合様が伐採したヒノキや杉の木を利用した家具や雑貨の制作を行っております。
このプロジェクトは過疎地域である群馬県の山で働き手が不足しており、山の保全が行き渡っていないことやそのため山崩れが起きたり、洪水の原因になっているということを知り、家具の力で山を守ることが出来ないかと始まりました。


さくらやま

藤岡市三波川村の桜山公園の景色


 家具に使用する木材の量は住宅などの建材に比べると少ない。でも家具は建物の構造として使用される建築建材よりも手で触れ、木のぬくもりを感じることができるものです。
木のぬくもりが心を癒やすことは、スタイルをご利用いただいている皆様には今更言うことでもないのですが、その木材がどこの木材で、どんな加工を施されて自分たちの手元に届いているかは意外とご存じないかもしれません。私もこの事業に携わるまでは、どこの木材かなんてあまり気にしていませんでした。スタイルでも販売しています「旭川の家具」シリーズはとても人気があり、旭川の木材をつかった国産家具です。消費者のみなさまは家具の生産地や木材の産地を知るということが家具を購入する上で重要になると考えています。


伐採

間伐したヒノキ材を製材機で板材に加工していきます。


製材

製材機で板材に加工されたヒノキ材。


 群馬県の木材は旭川と違い、ブランドの木材ではありません。しかしここには戦後に植林したスギやヒノキがたくさんあります。この木材を消費をしなくてはいけない、適正な森林を維持し、これから生まれてくる次の世代にこの森を渡していかなくてはいけないのです。



デスク

天板と脚を組み合わせるパーツはアイアン素材を使用することで、天板の反りとヒノキ木材の特徴の柔らかさをカバーしています。横揺れもなくしっかりした作りです。


デスク側面

アイアンパーツにはフックが取付可能です。


デスク天板

天然のヒノキ材を使用しているので節が入ります。


自然乾燥

間伐した木材を1年屋外で自然乾燥させてデスクに加工します。


木喜工房

乾燥した木材は三波川村の家具職人「木喜工房」で家具に加工




小学生を対象にした森林木育体験もおこなっております。


素材群馬県藤岡市三波川村産ヒノキ材
サイズ幅125×奥行40×高さ70cm
生産地群馬県
納期約1カ月
配送方法大型配送・配送料無料
注意事項無塗装仕上げになっております。

さくらやまのお道具箱

ポイント 0pt
販売価格 3,850円(税込)
在庫数 残り6です
購入数
材質

この商品についてお問い合わせ


おすすめ商品