関太一郎陶展

土のザラっとした手触り

釉薬のサラサラした質感

シャープさの中の手作りの温もり

持った時のちょうどいい重さ

重くないこと

軽すぎないこと

飽きのこないシンプルなデザイン

そんなことを意識しながら日々制作を続ける関さんの作品は、やわらかく・温かみがあり、暮らしに寄り添ううつわ。



陶芸家・関太一郎さんの作品を、10月9日(土)〜31日(日)の期間限定で販売いたします。




食卓を彩る『蒼』

蒼

関太一郎食器

淡いブルーの作品は見た人が息をのむ美しさ。実店舗でも、皆さんがまず手に取るお色です。 青い器は料理と合わせるのが難しく避けられがちですが、『蒼』ならそこまで主張せず、食卓をパッと彩ってくれます。 関さんの作品の中でも一番人気のお色です。



料理が映えるうつわ

関太一郎_イチジク

関太一郎_イチジク2

今回撮影をしていて感じたことは、関さんの器は料理や果物、お菓子をより一層美味しそうに演出してくれるということ。 一見シンプルな器も料理を盛り付けるだけで、魔法がかかったように素敵な印象に。





小さいけれど大きな存在感

花器

花器集合

今回は食器だけでなく、花器もたくさんお持ちいただきました。 小さな花器もしっかりとした存在感を放ちます。 庭先のお花など、気取らず気楽にお部屋に飾っていただきたい作品です。



関 太一郎(せき たいちろう)

1980年 群馬県前橋市生まれ
赤城山麓を拠点として、日々制作を行う
陶芸教室『蓮華窯』
https://rengekama.jimdofree.com


注※ 作品は手づくりなため、一点一点サイズや色合いが異なります。 画像と異なる場合もございますが、作品の風合いとしてお楽しみいただけましたら幸いです。

注※ 『関太一郎 陶展』は実店舗で先行開催中のため、完売の商品もございます。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [25] 商品中 [1-25] 商品を表示しています

全 [25] 商品中 [1-25] 商品を表示しています